薬の副作用で唾液分泌が減り口臭がキツくなった

私は、双極性障害と20年以上向き合っている男性です。本音口コミ!ブレスマイルウォッシュの効果から解約方法までを完全レポート!

双極性障害を克服するための、気分安定剤のような薬を処方されて服用していますが、その薬は口が乾くという副作用がありました。

そのため、起きている間は常にお茶など水分を飲んでいる状態でした。ネットで調べて分かったのですが、唾液の分泌量が減ると、口の中の最近が増えてしまって口臭の原因になるらしいのです。

確かに、薬を飲み始めてから口臭が気になるようになりました。心療内科の先生に相談しましたが、口臭を改善する薬はないと聞かされてがっかりしました。胃や腸が原因の口臭であれば薬もあるらしいのですが、唾液の分泌量が減ったことによる口内環境が原因の場合、薬がないそうです。ネットで色々調べると、薬の副作用でなくても、最近はストレスでドライマウスになる人も多いようで、私と同じように口臭問題で悩んでいる人が多くいました。

そこで、ドライマウス対策をいろいろ調べて実践しています。その対策の中でも効果的だったのは、食事をする時によく噛んで食べることと、あごの付け根をマッサージにより刺激をして唾液の分泌を促すこと、大きく口を開けて唾液の分泌を促すことでした。こんな些細な努力でちょっとずつ改善している気がします。