昔からの混合肌でスキンケアは必須

現在、アラフォーになる男性ですが、子供の頃から脂性肌と乾燥肌の悩みがあります。小学生のころまでは、顔の肌については何も気にしていなかったのですが、中学生になると顔の脂が気になり始めてきました。一日に何度かあぶらとり紙を使って顔の脂を拭き取っていましたが、周りの目が気になり恥ずかしかったです。

ラントゥルースは評判以上?私の口コミと効果を完全暴露します!

顔の脂が気になるので夏の時期は1日に何度か洗顔フォームで洗顔をしていましたが、洗顔をすると口の周りなどが白くなり、乾燥していました。この頃は化粧水や乳液などのスキンケアをするという発想がなかったので、どうしたら良いか困っていました。洗顔をしすぎると顔が乾燥するのと、脂性肌がひどくなるという事実が分かったので、洗顔をするのは朝起きたときと、お風呂のときとにだけにするようにしました。洗顔をしすぎると、乾燥して無防備になった肌が肌を守ろうと、皮脂でガードしようとして、脂性肌が悪化するとの事実を知ったのは20代のころでした。それまではとにかく洗顔ができるときはするようにしていたので、ちょっとショックでした。

今も混合肌の悩みはありますが、何年かかけて洗顔フォームと化粧水をいろいろ試し、自分に合う洗顔フォームと化粧水が見つかったので少しは落ち着いています。一番気を付けていることは、洗顔をした後は必ずすぐに化粧水をつけることです。洗顔が終わった後は少し経つと肌が乾燥してしまいますので、これを防止することが大切です。