イチジクが最強果実?女性に嬉しいアンチエイジング効果があった

イチジクには美容効果があるのは知られています。外部からの刺激による「ダメージ」の改善にも大きな効果を発揮すると言われています。肌だけではなく、ダメージヘアの補修に使うアイテムには、トリートメントやヘアパックのイメージが強いでしょう。しかし、美髪効果・ダメージ改善の両方に効果を発揮する最強の果実と言えば「イチジク」です。

それではイチジクにはどのような効果があるのでしょうか。

シロジャムは販売店で市販されている?

「アントシアニン」

アンチエイジングにいい

「アントシアニン」は老化の原因となる活性酸素を除去するポリフェノールの一種になります。メラニン色素を抑える効能がありますので、シミやしわを予防し、改善するためにアンチエイジング効果が期待できるでしょう。アントシアニンは目の働きを良くする効果でも有名ですね。

「エストロゲン」

月経前症候群や更年期障害の緩和

いちじくをみると、つぶつぶがあるのはわかりますか?そのつぶつぶに多く含まれている栄養素が「エストロゲン」になります。

エストロゲンは、女性ホルモンと同じ働きをすることで、女性には嬉しい栄養素になります。

女性ホルモンのバランスを調整することで、自律神経を整いやすくするため、月経前症候群や生理痛を軽減、不妊、更年期障害を和らげる効果があります。また、それだけではなく、コラーゲンの再生能力を高めてくれる働きがありますので、美肌、美髪にも効果が期待できるでしょう。

「ザクロエラグ酸」

美容の手助けに!

「ザクロエラグ酸」はポリフェノールの一種になります。イチジクの栄養には他にもポリフェノールが含まれていますよね。そのため、相乗効果が期待でき、シミやシワを予防するだけではなく、美白効果もあります。

ポリフェノールには老化の原因となる活性酸素を除去する働きがありますので、アンチエイジングの効果がありますし、それだけではなく、糖尿病の予防にも効果が期待できるため、健康には欠かせないですね。

「鉄」

貧血や冷え性の改善につながる

イチジクには、女性ならではの不足しやすい「鉄」も含まれているのです。貧血不足で鉄欠乏性貧血になりやすい方も多いのではないでしょうか。イチジクを食べることで予防や改善効果になります。

「カルシウム」

骨や歯の強化する

カルシウムは骨や歯を生成し強くしたり、守ったりするために必要な成分になります。60歳を超えるとカルシウムが低下しやすく、骨粗しょう症になりやすくなります。カルシウムは内臓が元気なうちはいいのですが、内臓が低下してしまうと、食事で補えない分を骨から栄養をとってしまうのです。特に妊娠中や授乳中はわかりやすいのではないでしょうか。

そのため、産後カルシウム不足になり、筋肉がつかなくなってしまいます。

そうならないための予防として、いちじくは、果実類の中でも上位に入るほどのカルシウムが含まれていますので、摂取することをオススメします。

イチジクのドライフルーツでしたら、美味しくて食べやすいので手軽に手に入るためオススメです。おやつのようにそのまま食べるのも良いですね。そしてプラスするならシリアルやヨーグルトに混ぜて食べるのも栄養ありますし、何よりも食べやすく、毎日摂取しやすいでしょう。

お悩みを抱えているかたは、イチジクなら解消してくれるかもしれないですね。すぐの結果ではなく、毎日少しずつ改善していくことが大切です。