ニキビの正式な名前はなんというのか?

尋常性?瘡(じんじょうせいざそう)と言います。

ととのうみすとの効果と私の口コミ!薬局などの市販では購入可能?

治療では、1990年代以前は、抗生物質内服で炎症のあるニキビが治療対象だったが、2008年には日本でもレチノイドが承認され炎症前の治療が可能になりました。

様々な薬剤の副作用や薬物相互作用で生じる皮疹は薬疹として分類される。また、内分泌疾患の随伴症状としても皮疹が生じる事がある。

つまり副作用にも注意をしなくてはいけないと言うことです。しかし専門の医者でない限り副作用がどの薬から出てしまうのかと言う事は一般の人にはわからないと思うので、自分の体と言うものをよく知っておいた方が良いですし、人間の体と言うものをよく知っておいた方がいいです。

人間の体と言うものをよく知っておく事は大人としては常識だと思いますし、生きていく上でもほとんどすべてのことを知って生きていかなくてはいけないと思います。それは大人でしたら当たり前のことです。

「どのように治療していけば効果的なのか」

日本では1993年に抗菌薬のナジフロキサシンの軟膏が承認されるまでは、内服の抗菌薬(抗生物質)や硫黄製剤が中心となっており、炎症のある皮疹のみを対象としていたが、2008年にレチノイドのアダパレンが承認されると炎症前の治療が推奨されるようになり、それまでの抗菌薬と異なり薬剤耐性菌が出現する心配もなくなりました。